調査・診断

設計監理が終了してからも、建築物を健全な状態で使用していただけるよう、建築主へのケアを続けます。耐震診断や増改築の計画など建築主のニーズに応じて調査・診断の業務を実施します。