ホーム > 技術情報
省エネルギー・省資源技術の
主たる実績
屋上・壁面緑化太陽光発電装置
その他の省エネ手法(2009~)その他の省エネ手法(1987~2008)

緑化施設  ~壁面緑化~名古屋市千種文化小劇場「ちくさ座」 ~壁面・屋上緑化~大島造園土木豊田支店
 ~アーカイブ~一宮市民文化会館 内神田サニービル

その他 電化厨房:オークマ可児工場可児プラザ 天窓照明:カインズ矢板流通センター
防振設計:日本車輌製造研修センター 天窓電力シミュレーション

建築の寿命を考える 資産としての建物に生まれ変わるために.. ライフサイクルコスト(LCC) ライフサイクルコストの管理
耐震診断・補強の望ましい建物 診断から耐震補強・リニューアル工事 耐震補強システム

耐震技術採用の事例紹介
 ~五反田C・Sビル耐震補強・改修と更新~改修の概要 改修の解説図・写真 【技術情報ホームへ
このビルは、JR山の手線五反田駅から徒歩1 分の好立地に、地上9 階地下1 階の貸事務所ビルとして1977年に竣工しました。竣工以来20 数年経過した諸設備は老朽化しており、空調機等の2次側設備は数回改修されていましたが、ターボ冷凍機とボイラーによる冷水と温水を供給する熱源設備は更新を急務としていました。新熱源システムはランニングコストの軽減、維持管理の容易さ、少人化を考慮して、深夜電力利用による氷蓄熱システムを採用しました。同時に空調機送風機をインバーター制御とし、ダクト経路に定風量装置を設置して各階複数テナント対応を実現しています。また、熱源設備を屋上に設置することで、地下1階機械室を貸事務室として有効利用しています。

改修の解説図・写真はこちら
1. 構 造 ・現行法の建物の6~8 割程度の耐力はあるが、壁が偏在しているため、共用部の
 壁の補強をRCで行う。

2. 空 調 ・空調 ・地下機械室の熱源機器(ターボ冷凍機及びボイラー)が耐用年数にきている
 ので、屋上に省エネ型の新しい熱源機器(氷蓄熱)を更新した。

3. 電 気 ・地下変電所をやめ、屋上に屋外キュービクルを設置した。

4. 給排水 ・1階から上の階の便所等の給水、排水配管を外部に新設した。
・電気による給湯とした。

5. 建 築 ・外壁タイル不良ヶ処の補修に変え、アルミパネルを新設する。
・1階玄関ホールを改修し、イメージアップを図る。
・各階の便所・湯沸室をシステムトイレで現代風に改修する。
・屋上の屋根の一部を解体して、新規設備機器を配置する。
・地下機械室を貸室に改修する。